格安バスで旅を楽しむ【安く移動したい場合には最適!】

メニュー

格安で移動できる交通手段

座席

他の交通機関より安価

格安バスは、お得に利用できる交通機関として近年人気を集めており、移動でお金を節約したい若者層の利用が増えています。東京発の各エリアに向かう長距離便に関しては、日中便と夜行便の2ジャンルに分かれていて、4列シートや独立3列シートといったバスタイプが存在します。格安バスは4列シートの方が割安になっている事が多いです。その代表的な理由に、3列シートバスより定員が多く40人ほどが乗れるという点があげられます。3列シートは定員が30人前後となっており、前後左右のゆとりがあるので少し足を崩したい場合やシートを倒して仮眠を取りたい方におすすめです。なお、東京と大阪を結ぶ格安バスの運賃は、4列シートが2千円前後から、3列シートが4千円前後から売られていて、金曜や土曜、長期休みシーズンの場合は繁忙期料金となります。4列シートの格安バスは、一般的な観光バスのようなイメージを持っていれば良いのですが、3列シートに関しては席の配置が2タイプ存在します。3列シートは、全ての席が独立するタイプ、あるいは2席と1席に分かれているタイプがあり、独立タイプの方が多く運行されています。格安バスを利用する際に最も気になることが、トイレが設置されているかですが、3列シートに関してはほとんどに設置されています。4列シートタイプに関しては、超格安タイプや近距離便に設置されていない事もあるので、トイレが気になる場合は事前にしっかり済ませておいて、水分摂取は最小限に抑えておく事も大切です。